ドクター

みんなの健康をサポート|理学療法士になりたいなら専門学校へ行こう

広がる活躍の場

女性

専門的な立場で

理学療法の対象者になっているのは障碍者で、目的は基本的な動作の機能回復、維持、手段は運動療法と物理療法になります。ですが現代では対象になっているのは障碍者ばかりではなく障害または疾病を予想される人、または健康な人、スポーツ選手も含まれています。障害及び疾病が予測される人には一次予防である健康増進、健康維持のために適切な運動を行い、スポーツ選手には障害時の対応のほかに障害の予防などを行います。実際に理学療法士が行っているのは評価や治療ばかりではなく、指導及び教育、会議、記録などいろいろな業務を行っています。理学療法士の資格を取ってスポーツジムに勤務したり、スポーツ選手のトレーナーになる人もいます。けがの予防など専門的な立場で勤務することができます。

特色ある人材を

理学療法士を養成する専門学校は3年生の専門学校、4年生の専門学校、3年生の短期大学、4年生の大学の4種類があります。理学療法士の資格ができたころは3年生の専門学校だけでしたが、その後3年生短期大学や4年制大学、大学院修士課程、大学院博士課程が設置されました。専門学校と大学では管轄している省庁が違ってきます。専門学校は厚生労働省で、大学は文部科学省の管轄になっています。専門学校及び大学の入学試験は大きく分けると高校の推薦入試、社会人推薦入試、一般入試があります。理学療法士の養成校によっては試験の成績ばかりではなく、特徴がある人材を入学させることにポイントを置いている学校もあります。ほかに社会人選抜入試や、特別選抜入試を行っている学校もあります。

専門資格と教育機関の特性

看護師

看護学科を設定している専門学校は医療機関の付属となっている場所も多く、実践的な看護スキルを身に付けやすいという利点があります。また、専門学校のプログラムは若いナースの複数のスキル習得にも繋がり、キャリアアップにも貢献します。

専門性の高い知識

ナース

看護学を専攻できる大学は一般入試に加えて編入制度もあります。その為、幅広いバックグラウンドを持つ学生が集まります。且つ、看護学部を持つ大学では最先端の医療技術を学べる為、専門性を高めたい学生が集まる事も特徴的です。

国家試験対策が充実

看護師

高齢者の看護や機能訓練や生活能力訓練などの医療サポートの需要は、今後も増えることが予想されます。現場では、専門的な技術や知識だけではなく、人への温かさや心からの優しさが大切になります。熊本駅前看護リハビリテーション学院で学べば、そうした高いスキルと人間力を学ぶことができるはずです。